エントリー

ことばの発達

誕生~1歳:3ヶ月ごろからなん語が始まります。「ぱぱ」「ぶー」など意味を持たないお喋りです。

1歳~1歳半:意味のある1語文を話します。「ママ」「パパ」「ワンワン」などです。この頃指差しがでてきます。

1歳半~2歳:「ママ あっち」「ぶーぶー きた」など2語文がでてきます。

その後、階段を駆け上がるように「ことば」が増えていきます。 言葉の発達の仕方は、なんとなく分かっていればOKです。

今回は、「じゃあどうしたら言葉を育てることができるの」ということを考えてみます。

手を使った遊びや基本的な生活習慣、そして何より親子で経験する数々の体験がことばを育んでいます。
ことばの発達が気になるときは、一緒に遊ぶ中で、子どもさんの気持ちや私たちの気持ちを『ことば』で表現してみてください。「かぜってつめたいね」「今日の雲、おもしろいね」など身近なことからね。


困った言葉へのかかわり方

さて、子どもたちが使う言葉に私たち大人が困ってしまうことがあります。特に、「いやだ」「ばか」「うるさい」「死ね」「うんこ」などなど。

1歳後半から、少しづつこどもの中で、「イメージ」をする力がついてきます。例えば、家の中にいながら外のことを考えたりすることができるようになってきます。そして、「私」「ぼく」などの言葉を話せるようになり始める頃には、「自分」「他人」というイメージを把握することが可能になります。

このことと、「ばか」がどうつながるのでしょう?

「自分」のイメージが持てるようになってくると、「自分」と「他者」というイメージを様々な自己主張を通して、深めていくのです。そこでこの「ばか」という言葉です。 他者に「ばか」ということで、自分とは違う他者の反応を楽しんでいるのです。特に母親のことには何でも反対を唱えがちです。この時期を心理学の用語で、ネガティビズムと呼びます。つまり誰もが通る、成長のプロセスですね。お子さんが「ばか」と言い始めましたら、「おお、ちゃんと成長しているな~」と思ってくださいね。

キーワード :ガティビズム 自己主張


それでは、どのように関わっていけばよいのでしょう?

Aさんの家庭の例をお伝えします。 現在娘は3歳になりましたが、初めての「ばか」は1歳半のときに聞きました。何をしても「ばか」「ばか」「ばか」。おまけに「うるさい」「うるさい」。
私は、基本的には聞き流しています。こちらも疲れている時は、「お母さん、ばかって言われると嫌な感じがするよ」と、私の気持ちを伝えるようにしています。元気がある時は、その「ばか」という言葉で遊ぶようにしています。「あ!ばかって言うと、ばかやろう星人がやってくるぞー!!」とか「ばか、ばか、ばか、あれ?かばになっちゃった~!」など 場面転換の道具を何種類か用意しています。(これは1種類ですと効き目が薄いです)こちらが叱ってしまうと、子どもは叱られたことに対してまた反撃してきます。そうすると勿論親も反撃したくなるもの。後から振り返ると結局なんだったんだろうと思うこともしばしばです。


3歳をすぎた場合「ばか」などは?

3歳をすぎると、この「ばか」「うるさい」などは、子ども集団の中でお互いぶつかりあいながらその意味を学んでいきます。「ばか」と言われて腹を立てている子、「ばか」といわれしょげたり泣いている子、「ばか」といわれてどのような気持ちがしたか、相手はどんな気分だったかなど、子どもと話し合ってみるといいですね。 また、親子でぶつかった場合も、子どもに馬鹿にされたと思いがちですが、「ばか」と言われて嫌な気持ちがすることを伝えると共に、「ばか」と言えるように成長したのだなー、と喜べるようになりましょう。子どももだんだん「ばか」と言ってはいけないことが分かり言わなくなりますよ。

しつけのついた子どもに育てるには!!

うちの中はいつもぐちゃぐちゃ。どうすればきれいに片付くの?

これは多かれ少なかれ、誰もが感じていることですよね。子どもの散らかしは台風みたいなもの。せっかく片付けたかと思っても、一瞬のうちに散らかしていますよね。普段はめていても、この散らかってるおもちゃにつまずいたりして、こちらが痛い思いした時など、日頃の怒りが爆発してしまったりすることも。しかし第1弾でお知らせしたとおり、叱れば叱るほど残念ながら子どもは自分から片付けようとしません。  
ここはまず親の後ろ姿を見せてあぜてください。そして「一緒にかたづけよう」「どっちがはやいかな?片付ける競争しよう」など、いかに遊びの要素をとりいれ、片付けを楽しいものにするかがポイントです。だまされたと思って試してみてください。だけど1回うまくいってもそれが毎回うまくいくと思ってはダメです。片付けたり片付けなかったりを繰り返しながら、子どもは生活習慣をつくっていきます。お父さん、お母さんここは腰をすえてゆっくり。ゆっくり!


うちの子はあまりごはんを食べません。

とても心配です。 まずは、ごはんの前のチェックをしてください。「お腹すいた~」と言われて、ついつい1個だけと、菓子パンをあげていませんか?ジュースや牛乳も意外と満腹感を与えていまいます。さて第一ステップはこの間食を控えること。どんなに子どもがぐずっても、ごはんの時間を決めたらそれまでは我慢。食欲とともに、我慢する力もつきます。  

間食していないのに、あまり食べないお子さんは、運動不足かもしれません。食事前に一緒にお散歩でもしてみてください。


うちの子は夜寝なくて困っています。!!

決めた時間(9時や9時30分)に一度家の中の電気を全部消し、大人も一緒に寝たふりをしてみてください。子どもだけを寝かせ、隣の部屋では電気やテレビをつけて楽しそうに親がくつろいでいると、こどもは寝てくれません。「これは寝るしかないな」という雰囲気を家族全体で作りだしてください。そのうち子どももあきらめます。ただし、最初のうちは親が寝たふりしてて、子どもだけで遊んでしまうこともあるだろうと覚悟しててください。それでも無視して、寝たふり。寝たふり。徐々に子ども同じペースになってきますから。

仲の良い“きょうだい”なるには!

今回のテーマは、きょうだいについてです。

外では仲が良いのに家の中では、喧嘩ばかりということありませんか?心配しないでください。これが普通のきょうだいの姿です。仲の良いきょうだいは、幼い頃家の中で喧嘩をしあい、大きくなるにつれて、協力的になるものです。

子どもの発達からみた“きょうだい”というものを考えてみます。

子どもの心理学

3歳以前:自分の好奇心の対象となったものは、すぐ手に取ります。きょうだいに譲ろうという意識は育っていません。まだまだ、お父さん、お母さんを独占したいと思ってます。
4歳:なんとなくきょうだいを思いやることができます。
7歳:姉として、兄としての意識が育ってきます。

けじめのつけ方

  1. 子どもに泣かれても動じない。
    (お菓子がほしい。おもちゃがほしいと言 わ れても叱らず、だめなも今はだめと言う態度)
  2. 環境を調整する。
    ・寝る前はなるべく家中の電気を消す。
    ・食事中、子どもが遊び始めたら、叱るのではなく、その場を片付 けてしまう。
    ・テレビやビデオは親がきちんと管理する。
    ・デパートのおもちゃ売り場やテレビより楽しいことを日頃から体験させておく。

強さ・たくましさってなに?

強さたくましさってなんでしょう。
私はこれを困難に立ち向かう力や自発性と考えています。それでは、どうすればこれを育てることができるのでしょうか?

簡単!簡単!
  • 叱らず子どもに自由を!!
  • たくさんスキンシップ!!
この2点です。

強くてたくましいこととあまり関係がないようにみえますが、これがミソなのです。

まずは、スキンシップを通して人間としての安定感をつくります、つまり情緒の安定ですね。安定感のある子どもは、何かに立ち向かっていくエネルギーを持てます。

次に大切なのが叱らずに子どもにたくさんの自由を与えること。自由と放任は違いますよ。自由の中で子どもがどのように育っているか見守っていくことがたくさんあります。それらにどんどん挑戦させてください。そして成功したら「すごいね」と一緒に喜んであげてください。

ページ移動

ユーティリティ

calendar

082019/0910
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

search

エントリー検索フォーム
キーワード

feed